2017.09.06 京都旅ときどき仕事

【京都】人との繋がりが、ふわり生まれ広がる旅。古都の町で「旅、ときどき仕事」


こんにちは。「旅、ときどき仕事」オーガナイザーの古性 のちです。

 

2017年8月19日〜23日まで、第2回目の「旅、ときどき仕事」として、個性豊かなメンバーたちと京都に行ってきました。今回も仕事感も旅感もあふれる、とてもとても良い旅になったので、ご報告です。

 

今回の参加メンバーはコチラ

(時計回りにご紹介)

  • 古性 のち(フリーwebライター / webデザイナー):旅、ときどき仕事のオーガナイザー。
  • 今井 朝美(つなぐひと):旅、ときどき仕事の事務局。人を繋ぐ仕事をしているフリーランス。
  • EP(フリーexpresser):旅、ときどき仕事のメンバー。何でもできちゃうすごいひと。
  • 那木 丈裕(株式会社 brightlogg):旅、ときどき仕事の事務局。
  • 前田 塁(株式会社TABIPPO メディア編集長):株式会社TABIPPOの編集長。
  • 岡田 かおる(自営業):幸せを探しているひと
  • 村松 とくま(学生):スーパー学生。
  • てるや しおり(フリートータルデザイナー):旅、ときどき仕事の事務局。
  • 森山 正也(フリー競馬ライター):旅、ときどき仕事のメンバー。競馬専門のライター。
  • 大滝 裕之(株式会社 brightlogg 代表 / メディアセコリ百景 編集長):旅、ときどき仕事の事務局。メディアセコリ百景の編集長も務める。

前回の長野編よりもさらに人が増えました。うれしい。そして、かなりスキルセットの違うメンバーが集まってきました。大体リモート系のこういう募集をかけると、ライターやデザイナーに偏りがでるものなのですが。見事にバラバラ。このメンバーで1週間、京都の町に滞在しました。

 

今回の旅のサポートに「京都移住計画」さん


http://kyoto-iju.com/
長野での信州移住計画さんに続き、今回は京都移住計画さんに、働く場所〜滞在、イベント面までサポートいただきました。この方々がいなければ、繋がることができなかった方もたくさん。本当に感謝感激です。

 

旅、ときどき仕事 京都編(2017年8月16日〜22日)

初日はメンバーと「旅、ときどき仕事」交流会を開催!

前回の長野編ではバタバタしてしまいできなかった交流会を初日に開催。頭から参加のメンバーは多くはなかったのですが、そのおかげもあってか、スムーズに自己紹介がまわります。旅先で「はじめまして」って、これだけでワクワクできちゃいますよね。

 

コワーキングスペース385PLACEで送り火のイベントに参加

初日のこの日は、京の夏の夜空を彩る風物詩 京都五山送り火の日。交流会ののち、京都移住計画の代表、篤史くんにお誘いいただき、京都・西陣ワークスペース「385PLACE」の屋上からみんなでながめました。
 

そのまま、京都でさまざまな活動をおこなう方のプレゼン大会へと以降。旅、ときどき仕事も参加させていただきました。
日本ビリヤニ協会の代表さんがビリヤニを振舞っていたり、美味しい京都の地酒を飲んだり。
こうして京都移住計画のみなさまのおかげで、一気に繋がりの増えた夜となりました。

行った先でイベントを開催するのも良いけれど、こうした地域の集まりに呼んでいただけること、本当に嬉しく思います。

 

今回の拠点はザ・ミレニアルズ


参考:https://www.fashionsnap.com/news/2017-07-04/the-millennials/

そして今回拠点として「めっちゃここ最高」とメンバーが集っていたのは、京都・河原町三条にあたらしくOPENしたミレニアル世代向け宿泊施設「ザ・ミレニアルズ」。仕事のしやすさと、コスパの良さがとにかく素晴らしすぎる。
 

快適なコワーキングスペースやWi-Fi環境、美味しすぎる朝ごはんもついて1泊4000円以下でした。(OPEN価格だったため、現在は値上がっている可能性あり)PCで仕事をすることの多い、旅、ときどき仕事メンバーにとってこの、仕事がしやすい環境はかなりありがたい。今後ワークスタイルの多様化に合わせて、こういった施設も増えていくのでしょうね。
 

 

町家スタジオにて「旅をしながら仕事はできる?」トークセッション

滞在3日目は、「旅をしながら仕事はできる?」をテーマに、旅、ときどき仕事メンバー3名と、京都移住計画の田村篤史さんがイベントを開催しました。(わたしは初MCとして参加しましたが、初心者感丸出しの散々な結果に・・・)
 

「ここまでトントン拍子できたの?」「仕事のご縁の作り方は?」など、参加者からさまざまな質問があがります。4名のそれぞれ視点の違うユニークな回答に、会場も大盛りあがり。
 


イベントの終わりには、交流会も。時間をすぎてもお喋りの止まない、大盛況なイベントとなりました。
 

京都のみなさま、そして町家スタジオのみなさま。素敵な夜をありがとうございました!
(イベントの様子は、画質荒いですが、こちらから動画が閲覧できます)

 

仕事の手を止めて、参加メンバーで京都の貴船へ


仕事の合間に浴衣を着て、京都の貴船へお散歩に出かけたりもしてみました。
 


憧れの川床で、美味しいごはんを堪能。京都の夏を噛み締めます。
 


昼食後は、貴船神社へ。恋愛成就のかみさまがいらっしゃるとのことで、熱心にお祈りをさせていただきました。
 


 


 

京都らしい風景にはしゃぐメンバー。帰宅後は、参加者のルイス・かおる・まさやんと、事務局のてるちゃん、わたしで夜の街へ消えてゆきました。
 

各自がのびのびと「旅、ときどき仕事」

風のように過ぎ去っていった1週間でしたが、各自が思い思いに「旅、ときどき仕事」を実践していました。
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

そして余談になりますが、わたしは今回もことばと写真展「まるで呼吸をするように旅をしていた」を中日で開催! 2日間で約100名の方が遊びにきてくださいました。
 


 


 


 


 

展示中「わたしも旅に出たくなりました」や「このために県外からきました」など、嬉しい感想もたくさんいただき・・・。この写真展をきっかけに、こうして他の県へ足を伸ばしてくれる方が、これからも増えたらとても素敵なことだなあと、しみじみ感じています。

次回は岡山。そして福岡、沖縄と続き、東京に帰ってくる予定なので、ぜひお時間合う方は遊びにきてください。
 

たくさんの方とご縁を紡いだ旅になりました

たくさんの縁をもらった京都の旅。まさに、わたしたちにとって「またね」が言えるような、場所になったのではないでしょうか。
次回はさらにご縁の輪を広げることができるよう、精進していきます。
 

旅、ときどき仕事プロジェクトへの問い合わせ

「旅、ときどき仕事」は旅と仕事を両立することができる、フットワークの軽いプロフェッショナルチームです。地域でメンバーたちと何か一緒にやりたい方・遊びにきて欲しい方、発信のお手伝いをしてもらいたい方などなど、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせコチラから
それではまた。いってきます!